ローンの落とし穴とは?

お金が必要な時にローンはとても便利なものです。
上手に使えば問題ありませんが、油断をすると思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあります。

例えばローンの申し込みをする際、返済のシミュレーションをすることはとても重要です。
毎月問題なく支払える返済額を考えてローンを組む必要があります。
しかし、現在の生活のままなら大丈夫だったとしても、長い人生には何が起こるかわかりません。
現在の生活が順調に進むこと前提のローンを組まないよう、注意し、万が一のときの蓄えをしておきましょう。

悩む

カードローンなど、一度契約をすると限度額までは自由に借入れができるローンの場合、その気軽さが災いして、借金を重ねてしまう場合があります。
また、コンビニATMなどで簡単に引き出すことができるため、借金であることを忘れがちになります。
必ず、現在の総借入額がいくらなのか、毎月いくら返済してそのうちいくらが元金に充当されるのか、何ヶ月返済しなければならないのかを把握しておきましょう。

また、カードローンの返済は少額であることが多いため、油断して遅延をしてしまうと、信用情報に遅延情報が記載されることになります。
その結果、その後に大きな住宅ローンやカーローンなどを組もうとしたときに、審査が通らないなどの結果になる可能性もあります。

複数からの借金を返せなくなり自己破産をするケースもあとを絶ちません。
ある会社から借りたローンの返済ができなくなり、他の会社から借りて補填する、などの状態になると危険です。
自己破産をすれば借金からは逃れられますが、職業制限含め、その後の生活に制限がかかります。
もちろん、以降の借入れはかなり困難になります。

こういったローンの落とし穴にはまることのないよう、計画的にローンを組みましょう。