審査と個人信用情報について

ローンの借入れの申し込みを行うと、貸付を行う銀行などが申込者について審査を行います。
貸付を行った後は必ず返済をしてもらわなければいけないため、審査では主に返済能力があるかを確認して、承認・非承認を決定します。

この審査の際の重要な情報となるのが、個人信用情報です。
個人信用情報は信用情報機関によって収集され、審査時の問い合わせにしたがって開示されます。
日本では、全国銀行信用情報センター、CIC、JICCなどの信用情報機関があります。

個人信用情報として管理されているのは氏名、生年月日、勤務先等の個人を特定するための情報に加え、ローンの契約内容や返済状況、クレジットカードの利用状況、公共料金などの支払い状況です。
最近よく見られる携帯電話やスマートフォンの本体の割賦販売契約もこの中に含まれます。

ローン申し込みの際には、その他の借入れがないかを申告することが多いですが、申告されていないローン契約が信用情報に記載されていた場合、虚偽申告とされ、審査が通らない場合があります。
また、過去の返済状況において、長期的に支払いが遅延している場合などは、返済能力や意思に問題ありとみなされます。
ちなみに、カードローンは一旦契約すると限度額内であれば自由に借入れができるため、カードを解約するまで情報が登録されるので、注意が必要です。

個人信用情報は本人に対しても請求があれば開示されます。
過去に延滞などがあり、自身の信用情報に不安がある場合、情報を取り寄せて確認しておくのが良いでしょう。