目的ローンと多目的ローンの違いについて

ローンには決まった使途にのみお金を使用できる目的ローンと、使途を限定しない多目的ローンに大別されます。

目的ローンとしてよく知られているのは住宅ローン、カーローン、教育ローン、ブライダルローンなどです。

各金融機関によって様々な商品が用意されており、使途に応じてそのローンを契約することになります。

目的ローンには基本的に決められた使途でしか借り入れたお金を使用できない、という制限があります。そのため、ほとんどの場合、金融機関から支払先へ直接入金されるのが一般的で、自分の手元に現金が入ることはありません。

例えばマンションを購入した場合などは、金融機関から直接販売会社へ入金され、契約者は金融機関へ返済をする、という形になります。

審査は厳しい傾向にありますが、多目的ローンに比べて金利が安くなるのが特徴です。


一方、多目的ローンはフリーローンとも呼ばれ、基本的に使途が自由となります。

旅行、引越し、治療費など、目的ローンではまかなえないものについて、一時的にお金が必要になった場合などに多目的ローンを利用すると良いでしょう。

ただし、事業資金を始め目的によっては使えない場合もありますので、注意が必要です。

使途が自由なローンとしてはカードローンもありますが、カードローンは限度額の中であれば何度でも借入れができるのに対し、多目的ローンは借入れの都度、審査や契約が必要となる点が大きく異なります。

多目的ローンの方がカードローンよりも手続きの手間はかかりますが、多目的ローンの方が低金利で設定されていることが一般的です。


商品の内容や金利などを比較し、自分の経済状況や利用目的に応じて、最適なローンを選びたいものです。