ローンの返済ができなくなったら

ローンを組む場合、返済できる金額にすることは大前提ですが、失業や収入減、病気などで返済が難しくなる場合もあります。
返済ができなくなった場合、一体どうなるのでしょうか。

昔のドラマなどでよく目にした乱暴な取立てや脅迫については現在禁止されています。
通常は返済が遅延した段階で、電話や書面などで請求や督促があります。
それでも支払いがされず、数ヶ月~半年程度返済が滞ると、「代位弁済」と言って保証会社が一括で借入先への返済を行います。
当然これで借金がなくなったわけではなく、借金の返済先が保証会社に変わることになります。

保証会社からは基本的に一括での返済を要求されますので、まず分割での返済の交渉をする必要があります。
この保証会社への返済もできない場合、裁判を起こされ、給料の差し押さえなどの強制執行となります。

飛ぶお金

差し押さえの上限は手取り額の4分の1と決まっているので、直ちに生活ができなくなるというわけではありませんが、借金返済の状況は会社の知るところとなってしまいます。

住宅ローンなどの場合は、自宅を売却したり、競売にかけられることになります。
多くの場合、売却しても借金を全てまかなうことはできず、ローンの残額は残ります。
つまり、家を失ったあげくにローンを支払い続けることになってしまうのです。
このような事態になる前に、もし返済の目処がたたなくなったら、借入先にまず相談をしてみましょう。
一時的に返済額を減らしたり、返済期間をのばすなどの対応が可能になる場合もあります。

解決方法はただ一つ。債務整理をすることです。全く返せる見込みが無い場合は債務整理しか方法はありません。